福地壁ページトップ

福地壁

奥飛騨温泉郷福地オソブ谷源頭部には、直立し連続する岩壁があります。
この壁は、写真手前の尾根あたりで64万年前に起きた上宝火山の巨大噴火による火砕流堆積物が、間にある谷の浸食によって削られ、火砕流堆積物の節理面が露出したものです。
冬になると壁面にしみだす水が結氷し、青氷となって遠くからながめられます。
地元ではこれを「青だる」と呼んでいます。

福地壁の風景

▲登山を楽しみたい人 ■写真を撮りたい人・雄大な眺めを楽しみたい人
※詳しい登山のレベルは『岐阜県山のグレーティング』を確認してください。

check
▲登ることはできません
■クマ牧場の付近から西を眺めると節理面がつくる垂直の壁が見えます。また、福地山の第三展望台からは間近で見ることができます。午後は逆光になるため写真を撮るなら午前がおススメです。
ジオトレックガイド 福地化石産地と福地山トレッキングルートはこちら
ジオトレックガイド 栃尾・神坂トレイルトレッキングルートはこちら
ジオドライブガイド平湯川筋探訪の詳細はこちら
トップへ戻る