焼岳火山群ページトップ

焼岳火山群

飛騨山脈で唯一噴煙を上げ続ける焼岳を中心とする焼岳火山群は、新旧二つのグループからなる火山の集合体です。
中央の焼岳と、右側に連なる白谷山、アカンダナ山は2万6千年前から活動を始めた新期焼岳火山です。
焼岳の左に続く尾根上の岩坪山と手前に広がる大棚は12万年前から8万年前にかけて活動し、焼岳左奥の割谷山は7万年前に活動した、旧期焼岳火山です。

焼岳火山群の景色
check
焼岳中級レベル
旧期焼岳火山と新期焼岳火山があるが、【旧期】:岩坪山、大棚山、割谷山、【新期】:アカンダナ山、白谷山、焼岳となっており、現在登れるのは焼岳のみ。
大棚山はNPO神通砂防の主催する砂防ジオツアーに参加すると入れます。
トップへ戻る