蓑谷三滝・沢上谷ページトップ

蓑谷三滝・沢上谷

大雨見山層群五味原文象斑岩。
火山活動の最後に活動のもとになったマグマが貫入上昇してきた大きな岩体です。
丹生川町では木地屋渓谷を形成しています。
非常に硬い岩石ですが、冷却収縮するときにできた節理に沿って崩壊面が形成され、浸食された谷に沿って上宝火山の火砕流が流れ込み滑らかな河床を形成しています。
三滝のうち五郎七滝、蓑谷大滝はナメ滝となっており、中央の山犀滝は豪快な一文字滝となっています。
三つの滝を合わせた沢上谷もなめらかな河床で、小石すら洗い流されています。

蓑谷三滝の景色沢上谷の風景
check
国道471号線から高原橋を渡り高山ー上宝線(県道89号線)に入り白水橋を鼠餅方向へ進みます。
沢登りが人気ですが道路沿いからも滝が見える。
夏は木々が生い茂り見えにくため、秋がおススメ
ジオドライブガイド荒城川流域探訪の詳細はこちらをクリック
トップへ戻る