槍ヶ岳ページトップ

槍ヶ岳

日本で5番目の高さ3180mの槍ヶ岳は、およそ7万年前に始まり、1万年前まで続いた最終氷期(氷河期)を経験しています。
山頂を中心に4つの氷河がその山体を削り、三角形の特徴的なピークを作り上げています。
また、写真でもわかるように東に20度ほど傾いています。
この傾きは飛騨山脈が急速に上昇した時に起きた、傾動運動によるものといわれています。

槍ヶ岳の景色
トップへ戻る