西穂丸山ページトップ

西穂丸山

飛騨山脈の主稜線の中核、槍・穂高連峰は南北に伸びたカルデラ火山でした。
火山活動のもととなったマグマは、噴出したものはカルデラ内に堆積し穂高安山岩に、地下深いところでゆっくり固まったものは滝谷花崗閃緑岩になっています。
丸山は西穂独標の直下にある一つのピークです。
丸山と独標の間には穂高安山岩と滝谷花崗閃緑岩の境界がありますが、崩れてきた穂高安山岩のれきにおおわれています。
このあたりでは登山道の色が、風化花崗岩の色から安山岩の色へと変化しています。

check
初心者レベル
新穂高ロープウェイに乗り西穂口駅より登山を開始します。
日帰り登山を楽しめますがロープウェイの時間に気を付けて登ってください。
ジオトレックガイド 西穂丸山の詳細はこちらをクリック
トップへ戻る